進路変更する際のルールについて

運転をするときに軽視されてしまう通行法規というものは、残念ながら多々あると言わざるを得ません。どんなルールであっても、安全と円滑な通行を守るために必要なことであると分かってもらえないのは非常に悲しいものです。見られていないところでの、スピード違反、無理な追い越し、危険なあおり。そして非常にうかつな進路変更が挙げられます。
進路変更とは、自分のいる車両通行帯から車線変更し別の車両通行帯へ映ることをいうのですが、その際には一つ一つ守らなければいけない手順が存在しています。
まず、しっかりと周りを確認し、今できる状況か。安全なタイミングであるか。計ります。そして変更三秒前にウィンカーをだし、再度、進路先を確認し、安全であると確信できてから変更を始めます。そして、変更が終わった後にウィンカーを切ります。この一連の動作、特にウィンカーの順番を守らない場合、合図不履行の交通違反になります。
大体の人間は、自分は事故に合わないと考えています。そしてそういう人間こそ事故をおこし、そしておこされるのです。交通とは自分だけが走っているわけでありません。ウィンカーのタイミングとて、ほかの人間に、今から自分は車線変更をするとアピールするためにするのです。なので、自分が大丈夫だからと、油断するのではなく、周りの人間に事故を起こさせないという気概を持つべきなのです。」

Comments are closed.