みだりに進路変更をしてはいけない

車を運転中に2車線以上の道路に差し掛かった時に、道路交通法ではみだりに進路変更をしてはならないと定められています。特に進路を変更した場合に変更した車線の後方から車が来ている場合に、その車の速度や方向を急に変更させるような変更は禁止されています。これは高速道を走行中の場合によくあることで、進路の変更後に後ろの車のスピードを緩めさせるような進入は危険であるからとも言えます。
例えば車線を左から右にうつる時の状況として、前方に停車中の車がいた場合や道路工事により前方の車線を通れないなどで車線の変更をしないと走行できないなどの場合以外には、基本的に車線は一番左側を走るようにします。前方を走行する車両の追い越しに関しては、黄色の車両通行帯以外であれば右側に進路変更を行い、前方の車両の追い越しを行った後は左側の車線にうつるようにします。
走行中に先を急ぐあまり右側車線をずっと走っている車がありますが、これは危険な走行であり道路交通法においても禁止されている内容となります。高速道路が2車線以上になっているのは、追い越しが出来るためでもありますが、基本的には左側通行を守るようにして、スピードの差で追い越しを行う時だけ進路の変更をするようにします。

Comments are closed.