前の車が交差点や踏切で停止や徐行しているときの注意点について

車を運転している時、前の車が交差点や踏切などで停止や徐行していることがあります。そのような場合、注意をしなければ、トラブルになる可能性があります。では、どのようなことが注意点となるのでしょうか。
まず、前の車が停止している場合ですが、スピードをゆるめて近づいていきます。しかし、その車の後ろに停止をする場合も、車間距離をしっかりとあけるようにします。もしかすると、いきなりバックしてきたりする可能性があるためです。何が原因で停止しているのかわからないので、車間距離を開けておいた方が無難です。
次に、前の車が徐行している場合ですが、こちらも車間距離を開けるようにします。突然、停止する可能性があるためです。普通は交差点などの場合、徐行などしないはずです。なのに、徐行をしているということは、何か理由があるはずです。突然、停止して右折したりすることもあるかもしれません。その時、車間距離がなければ追突してしまいます。必ず車間距離をあけるようにしましょう。
また、踏切で徐行している場合は、前の車が渡りきり、反対側に車1台入れるスペースが出来てから渡り始めるようにします。そうしておかないと、渡りきったところで停止された時、遮断機の中に取り残される危険性があります。注意するようにしましょう。

Comments are closed.