黄の線を越えて進路を変えてはいけない

道路には安全に走行するためのルールがあります。
それは標識や道路上に明示されていてそれらの意味をよく理解して状況に応じて判断して走行する必要があります。
基本的に片側1車線以上といった道路には中央部分などに線がかかれています、
白線ははみ出し禁止という意味で追い越しする時や、追い抜きする場合もはみ出すことはできません。もちろん車線の変更もできないことになります。
しかしこれが白線の点線となると線をまたいで走行することができます。そのため追い越しや車線変更ができることになります。
ただずっとまたいだまま走行していいというものではないので注意が必要です。
黄色の場合は追い越しのためのはみ出しが禁止されています。車両通行帯の中を運転する必要があります。
ただこの場合も止まっている車がある場合、はみ出すことができないからといってずっと止まっているわけにはいきません。このようななどやむを得ない時ははみ出すことはできます。しかしそのまま車線を変更してしまうのは禁止されています。
またこれら以外にも線の組み合わせで2本書いてある場合もあります。それぞれ車線にはルールがありますが、これらは安全に走行するためのものです、見通しがいいからといって自分で判断してルール違反をしないように注意します。

Comments are closed.