警音器を使用するケース

–¼Ì–¢Ý’è-2警音器は使用できる状況や場所が限られており、無暗に使用すると道路交通法違反となります。
前方の車が遅い、前方の車が信号が変わったことに気付かずに発信しない、車が到着したことの合図などでの使用は禁じられています。また、路地などを歩いている歩行者が邪魔な場合でも、歩行者が優先となるため使用が禁止されています。
危険を防止する場合には使用が認められています。これには歩行者が車に気付かずに道路を横切ろうとして危険な場合や、霧やその他の要因で視界が悪くて危険な場合などが該当します。バスについては発車の直前に安全を確認できない場合に鳴らすことが認められています。
また、「警笛鳴らせ」の道路標識がある場合には鳴らす必要があります。この標識では、下部に矢印がない場合はその位置で鳴らします。下部に矢印が付いているものは警笛区間を示すものですが、この区間を運転するときには鳴らし続けなければならないという意味ではありません。この区間では、「左右の見通しの効かない交差点」「見通しの効かない道路の曲がり角」「見通しの効かない上り坂の頂上」に限定して鳴らさなければならないという意味であり、この区間内でも見通しが良い場合には使用できません。

Comments are closed.