Author Archive

前の車が交差点や踏切で停止や徐行しているときの注意点について

車を運転している時、前の車が交差点や踏切などで停止や徐行していることがあります。そのような場合、注意をしなければ、トラブルになる可能性があります。では、どのようなことが注意点となるのでしょうか。
まず、前の車が停止している場合ですが、スピードをゆるめて近づいていきます。しかし、その車の後ろに停止をする場合も、車間距離をしっかりとあけるようにします。もしかすると、いきなりバックしてきたりする可能性があるためです。何が原因で停止しているのかわからないので、車間距離を開けておいた方が無難です。
次に、前の車が徐行している場合ですが、こちらも車間距離を開けるようにします。突然、停止する可能性があるためです。普通は交差点などの場合、徐行などしないはずです。なのに、徐行をしているということは、何か理由があるはずです。突然、停止して右折したりすることもあるかもしれません。その時、車間距離がなければ追突してしまいます。必ず車間距離をあけるようにしましょう。
また、踏切で徐行している場合は、前の車が渡りきり、反対側に車1台入れるスペースが出来てから渡り始めるようにします。そうしておかないと、渡りきったところで停止された時、遮断機の中に取り残される危険性があります。注意するようにしましょう。

横断・転回等の禁止について

地球02運転中、さりげなく通り過ごす景色に気を留めてみれば、道路の両脇には様々な標識が立っています。これらは全て、この道路の情報をドライバーに与えているものです。
なかでも車両横断禁止の標識に注目してみましょう。この標識は車に向けた規制標識です。文字通りの指示ですが、前方を進行方向とは逆向きにはしる車両通行帯ならびに歩行者、自転車専用横断帯、歩行者道路への進入を禁止していると言い換えられます。例えば進行方向右側に自宅車庫があったとすると、これも規制の対象です。自分の家であろうと、規制標識を無視してはなりません。その場合は迂回などをつかって進路変更の措置を取り、標識の指示に正しく従いましょう。
転回禁止の規制標識にも同じことが言えます。例え周囲に他車両や歩行者の姿が無く、安全が十分に確認できても、車は転回することができません。自動車専用道路、高速道路で考えてみると良いでしょう。スピードを上げて走行するこれら車道上では、原則としてこの行動は禁止されています。
規制標識はそれぞれに意味を持ち、また設置されている場所にもこの意味と関連した危険が考えられます。ドライバーは常に情報を受け取ると共に、安全のために標識に従うことが大切です。

黄の線を越えて進路を変えてはいけない

道路には安全に走行するためのルールがあります。
それは標識や道路上に明示されていてそれらの意味をよく理解して状況に応じて判断して走行する必要があります。
基本的に片側1車線以上といった道路には中央部分などに線がかかれています、
白線ははみ出し禁止という意味で追い越しする時や、追い抜きする場合もはみ出すことはできません。もちろん車線の変更もできないことになります。
しかしこれが白線の点線となると線をまたいで走行することができます。そのため追い越しや車線変更ができることになります。
ただずっとまたいだまま走行していいというものではないので注意が必要です。
黄色の場合は追い越しのためのはみ出しが禁止されています。車両通行帯の中を運転する必要があります。
ただこの場合も止まっている車がある場合、はみ出すことができないからといってずっと止まっているわけにはいきません。このようななどやむを得ない時ははみ出すことはできます。しかしそのまま車線を変更してしまうのは禁止されています。
またこれら以外にも線の組み合わせで2本書いてある場合もあります。それぞれ車線にはルールがありますが、これらは安全に走行するためのものです、見通しがいいからといって自分で判断してルール違反をしないように注意します。

みだりに進路変更をしてはいけない

車を運転中に2車線以上の道路に差し掛かった時に、道路交通法ではみだりに進路変更をしてはならないと定められています。特に進路を変更した場合に変更した車線の後方から車が来ている場合に、その車の速度や方向を急に変更させるような変更は禁止されています。これは高速道を走行中の場合によくあることで、進路の変更後に後ろの車のスピードを緩めさせるような進入は危険であるからとも言えます。
例えば車線を左から右にうつる時の状況として、前方に停車中の車がいた場合や道路工事により前方の車線を通れないなどで車線の変更をしないと走行できないなどの場合以外には、基本的に車線は一番左側を走るようにします。前方を走行する車両の追い越しに関しては、黄色の車両通行帯以外であれば右側に進路変更を行い、前方の車両の追い越しを行った後は左側の車線にうつるようにします。
走行中に先を急ぐあまり右側車線をずっと走っている車がありますが、これは危険な走行であり道路交通法においても禁止されている内容となります。高速道路が2車線以上になっているのは、追い越しが出来るためでもありますが、基本的には左側通行を守るようにして、スピードの差で追い越しを行う時だけ進路の変更をするようにします。

進路変更する際のルールについて

運転をするときに軽視されてしまう通行法規というものは、残念ながら多々あると言わざるを得ません。どんなルールであっても、安全と円滑な通行を守るために必要なことであると分かってもらえないのは非常に悲しいものです。見られていないところでの、スピード違反、無理な追い越し、危険なあおり。そして非常にうかつな進路変更が挙げられます。
進路変更とは、自分のいる車両通行帯から車線変更し別の車両通行帯へ映ることをいうのですが、その際には一つ一つ守らなければいけない手順が存在しています。
まず、しっかりと周りを確認し、今できる状況か。安全なタイミングであるか。計ります。そして変更三秒前にウィンカーをだし、再度、進路先を確認し、安全であると確信できてから変更を始めます。そして、変更が終わった後にウィンカーを切ります。この一連の動作、特にウィンカーの順番を守らない場合、合図不履行の交通違反になります。
大体の人間は、自分は事故に合わないと考えています。そしてそういう人間こそ事故をおこし、そしておこされるのです。交通とは自分だけが走っているわけでありません。ウィンカーのタイミングとて、ほかの人間に、今から自分は車線変更をするとアピールするためにするのです。なので、自分が大丈夫だからと、油断するのではなく、周りの人間に事故を起こさせないという気概を持つべきなのです。」

警音器を使用するケース

–¼Ì–¢Ý’è-2警音器は使用できる状況や場所が限られており、無暗に使用すると道路交通法違反となります。
前方の車が遅い、前方の車が信号が変わったことに気付かずに発信しない、車が到着したことの合図などでの使用は禁じられています。また、路地などを歩いている歩行者が邪魔な場合でも、歩行者が優先となるため使用が禁止されています。
危険を防止する場合には使用が認められています。これには歩行者が車に気付かずに道路を横切ろうとして危険な場合や、霧やその他の要因で視界が悪くて危険な場合などが該当します。バスについては発車の直前に安全を確認できない場合に鳴らすことが認められています。
また、「警笛鳴らせ」の道路標識がある場合には鳴らす必要があります。この標識では、下部に矢印がない場合はその位置で鳴らします。下部に矢印が付いているものは警笛区間を示すものですが、この区間を運転するときには鳴らし続けなければならないという意味ではありません。この区間では、「左右の見通しの効かない交差点」「見通しの効かない道路の曲がり角」「見通しの効かない上り坂の頂上」に限定して鳴らさなければならないという意味であり、この区間内でも見通しが良い場合には使用できません。

合図を行う場合と方法について

自動車を運転中、方向指示器を使って周囲の車両に自分の行動を示さなくてはならない場面があります。
走行する車両通行帯によっては、右左折の場合に車両通行帯で次の進路を指定されているときがあります。交差点の手前に差し掛かるとき、右折専用レーンが設けてある場合は、それが進路を指定されている車両通行帯です。右折の際には、その車両通行帯に進路変更をしなければなりません。
その際、前方の車間距離を確認し、フロントミラーやサイドミラーで後方の車を確認しましょう。安全かつ速やかに走行できることが予測できてから、方向指示器を出します。軽く三秒ほど数えてからゆるやかにハンドルを切り、車両通行帯を変更します。操作終了後はすぐに方向指示器を戻しましょう。自動車専用道路で、追い越し通行帯を利用して前方の車を追い越す際も同じです。
進路の指定されていない車両通行帯や、一方通行からの右左折の場合は、方向指示器での合図はおおよそ30メートル前に合図しましょう。周囲の車に次の行動を示すためです。見通しの悪い交差点や歩行者の多い交差点等での右左折は、とくに注意が必要です。車両の動きを確認して安全に走行することに気をつける他、歩行者専用横断帯に侵入する際には小さな子どもの飛び出しにも対応出来るよう、徐行をすることが望まれます。
他には転回、後退が許されている車道において、この措置を行う際にも合図が必要です。これは行動を起こす直前に合図をだしましょう。十分にスピードを落とし、周囲の安全を目視等で確認してから、無理なく行動が取れると判断できれば転回、後退をすみやかに行います。

安全確認の方法について

大地安全確認の方法をしっかりと覚えておくことは長いドライバー人生の中でも特に重要なことであります。初めにしっかりと覚えておかないと、適当な安全確認がクセとなりいつか大きな事故を起こしてしまう可能性が高くなるからです。もちろん起こすだけではありません。起こされてしまう可能性も高くなります。自動車の事故は取り返しのつかない事態になる場合が非常に多いです。それらの当事者にならないためにも安全確認の方法を身に着けておくべきです。
最初にルームミラーで確認を行います。そしてドアミラーで確認。のち目視で確認を行い、三秒前にウィンカーで合図を行い、もう一度目視を行う。こういった一連の動作をよどみなく行える必要があります。なぜなら車は高速で動き続けているからです。これらの動作は慣れればなれるほど作業と化してしまいます。やらないよりはやった方がいいのですが、できれば意志をもってやり続けてほしいものです。これらの動作は、後方の車の確認、左右の巻き込みの防止。歩行者への安全の配慮。と一つ一つ意味が違います。自分が加害者になってしまえば、程度によりますが人生に大きな傷がつくことは間違いないはずです。安全のために何より自分のために、安全確認はしっかりと行ってください。

安全の確認手順について

車の運転において、ミラーを使用する機会はとても多いです。進路変更、駐車(車庫入れ、縦列駐車など)の時のみならず、後方確認は常々行います。上手いドライバーやベテランドライバーほど、度が過ぎるというぐらいに後方確認を行っているそうです。またその位置についても神経質であり、シートの調整同様、頻繁に位置決めを行っています。最近では種類も至れりつくせりで、室内、サイド(ドア、フェンダー)のみならず、特に大型のSUV車の死角用に補助用などもあります。あるいは、後方モニターが設置されている場合は、役割がそれに取って代わる例も少なくありません。しかしながら、何事も過信ということは禁物です。例えば、バック駐車の場合は、助手席側に体をひねり、片手で舵を取りながら行うのが基本です。因みに車先進国のドイツでは、ミラーのみの確認はタブー視されており、ちょっとした後方確認であっても目視は怠らないそうです。特にバイク走行において言えることなのですが、スピードが増せば増すほど人間の視界範囲は狭まると言われています。つまり高速走行であればあるほど、目視を重要視しなければならないということです。基本的なことですが、過剰と言えるくらいの確認が事故の危険性を最小限にします。