安全確認の方法について

大地安全確認の方法をしっかりと覚えておくことは長いドライバー人生の中でも特に重要なことであります。初めにしっかりと覚えておかないと、適当な安全確認がクセとなりいつか大きな事故を起こしてしまう可能性が高くなるからです。もちろん起こすだけではありません。起こされてしまう可能性も高くなります。自動車の事故は取り返しのつかない事態になる場合が非常に多いです。それらの当事者にならないためにも安全確認の方法を身に着けておくべきです。
最初にルームミラーで確認を行います。そしてドアミラーで確認。のち目視で確認を行い、三秒前にウィンカーで合図を行い、もう一度目視を行う。こういった一連の動作をよどみなく行える必要があります。なぜなら車は高速で動き続けているからです。これらの動作は慣れればなれるほど作業と化してしまいます。やらないよりはやった方がいいのですが、できれば意志をもってやり続けてほしいものです。これらの動作は、後方の車の確認、左右の巻き込みの防止。歩行者への安全の配慮。と一つ一つ意味が違います。自分が加害者になってしまえば、程度によりますが人生に大きな傷がつくことは間違いないはずです。安全のために何より自分のために、安全確認はしっかりと行ってください。

Comments are closed.