合図を行う場合と方法について

自動車を運転中、方向指示器を使って周囲の車両に自分の行動を示さなくてはならない場面があります。
走行する車両通行帯によっては、右左折の場合に車両通行帯で次の進路を指定されているときがあります。交差点の手前に差し掛かるとき、右折専用レーンが設けてある場合は、それが進路を指定されている車両通行帯です。右折の際には、その車両通行帯に進路変更をしなければなりません。
その際、前方の車間距離を確認し、フロントミラーやサイドミラーで後方の車を確認しましょう。安全かつ速やかに走行できることが予測できてから、方向指示器を出します。軽く三秒ほど数えてからゆるやかにハンドルを切り、車両通行帯を変更します。操作終了後はすぐに方向指示器を戻しましょう。自動車専用道路で、追い越し通行帯を利用して前方の車を追い越す際も同じです。
進路の指定されていない車両通行帯や、一方通行からの右左折の場合は、方向指示器での合図はおおよそ30メートル前に合図しましょう。周囲の車に次の行動を示すためです。見通しの悪い交差点や歩行者の多い交差点等での右左折は、とくに注意が必要です。車両の動きを確認して安全に走行することに気をつける他、歩行者専用横断帯に侵入する際には小さな子どもの飛び出しにも対応出来るよう、徐行をすることが望まれます。
他には転回、後退が許されている車道において、この措置を行う際にも合図が必要です。これは行動を起こす直前に合図をだしましょう。十分にスピードを落とし、周囲の安全を目視等で確認してから、無理なく行動が取れると判断できれば転回、後退をすみやかに行います。

Comments are closed.